ネットワーク

インターネット不通

投稿日:

Pocket

無線ルータと光回線ルータの設定状況を調査していた時、

光回線ルータのWeb設定画面にて、うっかりDHCPサーバ機能をOFFにしてしまう。

たちまち、インターネット接続が不通となってしまった。

またしても、夜10時なので、電話相談などはできない。とにかく、取説を探索。

同時に、無効にしてしまったDHCP機能を有効に戻すよう、アクセスを試みた。

調べていくうちに、DHCPが有効である情報は、パソコン側だった。

無線LAN接続であるのに、ケーブル端子の接続や、無線LANルータの電源ON/OFF等。
いろいろやってしまうことに…

取説の方は、初期状態にもどす方法の記載を発見したものの、初期化ボタンのリリースタイミングがわからず、何度か繰り返し。

ようやく、光回線ルータの初期状態のLED点灯となった。ところが、初期化状態にもかかわらず、Web設定画面を表示できないでいた。

しかたなく、別マシンから光回線ルータにWeb接続すると。既に、初期パスワードを求める画面となっていた。

この後、初期化したことで、プロバイダ接続に必要な情報も消去している問題があった。

数ヶ月前、光コラボレーション転用で、プロバイダ消滅の危機があったことを思い出す。

この時、プロバイダ会員サイトから、光回線ルータの設定情報を取得していたのだった。

2回程、失敗入力し、回線故障中のままとなったが、3度目の正直。

遂に、プロバイダ接続に成功。インターネット接続を再開できるようになった。

光回線ルータのWeb設定画面をググルと設定ファイルを保存できることを知る。

全ての復旧を確認し、設定ファイルの保存完了した頃、深夜1時をまわっていた。

素材ラボのイラスト使用

楽天モーションウィジェット

-ネットワーク

Copyright© コンピュータ生活 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.