PC環境

PCでもストレージ異変

投稿日:

いつものように、デスクトップのパワーSWを入れて、画面なしが数分続き…
「起動できるOSがない」メッセージが出現する。
再起動も、アクセスランプが点灯のままで何も進行しない。

ストレージを本体から除き、外部ストレージで見たら、全領域がGPTセキュリティ保護パーテーションになっていたのだ。

全く見覚えのない状況に唖然とする。

とりあえず、バックアップで外していた256GbyteのSSDにハード入替えで、ネットワーク無で復旧はできる。
以降、原因調査と対処で、2か月間ネットワーク接続できない状態となった。

1.全く突然で、読めなくなったSSD内に、損失ファイルが何かを把握していない。
2.再発防止のため、恒久対策を実施する必要がある。

【1.の状況】
まともに接続できる復旧ツールや参照ツールが、見つからない。
[復旧ツール]
・EaseUS Partition Master 13.5
[参照ツール]
・(Windowsロゴを右クリック>コンピュータの管理>デスクの管理>デスクx
・DISKPART(DOS窓起動)
従って、未だにファイル救出ができていない。

【2.の実施】
2.以前に使っていたHDDもあり、従来のMBRアクセスに戻すことにした。
(MBRパーティションなら、有料ツールも持ってるので。)
[PCのBIOS設定変更]
以下の表示項目から選択する
>Other PCI Device ROM Priority/他のPCIデバイスの起動順序
・UEFIオプションrom
・レガシーオプションrom⇒こちらに!
>Boot Mode selection/ブートオプションフィルター
・UEFIデバイスとレガシーデバイス⇒こちらに!
・レガシーデバイスのみ
・UEFIデバイスのみ

[PC用クローン生成]
別マシンのMBRで64bit版Win10インストールしているHDDを用意する
コピー専用機で、新SSDにクローンを作成する。
トラブルPCに新SSDを換装し、起動する。

pc環境が異なるも、初回のみ起動時間が遅いだけ。
Windows初期画面前の入力ダイアログ表示まで進めることができる。
このままでもネット接続できるが、クローン元の別マシンが使えない。

[Windows認証の変更]
更新とセキュリティ⇒ライセンス認証⇒プロダクトキーの変更
以下の画面からプロダクトキーを入力して認証が完了する

ウィルスが原因かどうかは不明だが、起動しなくなる事は、なくなる。
また、GPT保護パーテーションになることもない。

無駄な作業をさせることが、ウィルスの目的なのでしょうか?
GPTフォーマットのストレージは、OSナシの外部接続のみで使うことになるだろう。

素材ラボのイラスト使用

Z.comバナー



-PC環境

Copyright© コンピュータ生活 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.