ソフトウエア

メールExcel抽出ツール

更新日:

Pocket

最近、メール関連で問題となっていて、メール情報を消失していました。

・メールアドレスのパスワードが無効化していて、突然HDDアクセスできなくなる。(昨年)
・フリーメールの運用中止があり、バックアップが間に合わなかった。(一昨年)

現在、利用できるメールは、ファイル感覚で管理したいと思っていたが、
フリーメールを主に使うので、メール専用アプリは所有していなく、
身近にあるアプリは、ノートPC購入時にオマケのExcel2013・Word2013があるくらい。
これらで、メールのメンテナンスを手軽に行えないかと考えていました。

今年1月にWindows7サポート終了で、Windows10に切り替えたPCに、再インストールしたら、
Office2013扱いになったようで、Outlook2013とPowerPoint2013が追加していたのだ。

このアプリを使うようになり、ブラウザメールに比べ、高い機能を知ります。
・複数メールアドレスを登録するだけで同時に使用できる。
・メール情報は、Excelファイルに抽出できる。

Outlook本体だけでExportが可能でも、日時情報が欠落しているのです。
さらに、抽出領域の指定なので、フォルダ数分を繰り返す必要があるのです。
そこで、アドレス別にメールを全抽出するマクロを作ってみました。
Outlookの全フォルダを検索し、Excelシートに抽出するものです。

macro機能
入力:Outlook2013のメール
出力:Excel2013のシート

・1件以上フォルダにメールが存在すれば、抽出する
(個人が追加したフォルダも対象にする)
・メールアドレスをシート名として抽出メールを展開する
・抽出項目
メール件数、受信日時、題目、送信者名、送信元アドレス、本文(255文字まで)

件数が多いとそれなりに時間かかるので、ご注意ください。

素材ラボのイラスト使用

Z.comバナー



-ソフトウエア

Copyright© コンピュータ生活 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.