PC環境

在庫1ヶのHDD注文

投稿日:

Pocket

アリババで、安く輸入したHDDは、新品どころかウイルス侵入しOS起動しなくなった中古品で、ガッガリ。
Web説明をよく把握せず、SATA-3Gb表記を高速のSATA3(6G)と間違ったのことが大誤算でした。

それでも懲りずに、慎重にリベンジ購入します。容量1GのHDDでググっていると、最後の1台を発見。
なにやら、「リファービッシュ中古品」と記載され、ワケアリ品のよう。

自身では、返品などで出戻り品を再調整し、製品として再び販売する品物と把握しています。

型番の記載もあり、有名メーカなので、スペックを確認します。

問題ないと判断し、注文します。三日後には、配達完了となります。

まず、認識しないことには、ストレージとして使えません。

Win10のPCでディスク情報がよみとれ、初期化を行います

続いて、動作検証に移行します。
【CrystalDiskInfoアプリ】
電源投入回数:74回。使用時間:56h。にて、ほぼ新品。他のエラー値はゼロにて問題ないとします。

【CrystalDiskMarkアプリ】
CrystalDiskInfoではSATA300の表示で、またしても裏切られた感がありましたが、この計測で払拭します。

【旧製品との性能比較】
ノートPCで使用していた類似HDDを外していたので、CrystalDiskMark計測値を比較しました。


左が新HDD。右がノートPCで使った旧HDD

 

 

 

 

 

旧HDDは、約70Mbpsの読書きに比べ、新HDDは2倍の150Mbpsの速度でてます。

【ファイルのコピー】
実際に、複数ファイルの連続コピー時間もキャプチャーしました。最大141Mbpsで処理できてます。

近頃、半導体の不足により自動車生産が停滞しているらしい。そのためか、SSD価格が高め。
SSDのような高速転送を望めなくも、まっさらなストレージとして、活用していきます。

素材ラボのイラスト使用

楽天モーションウィジェット

-PC環境

Copyright© コンピュータ生活 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.